スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年越詩祭2010開催

今年もウェブ詩人の方を対象とした「年越詩祭」を開催いたします。

1、【年越詩祭とは】
 年越詩祭とは「1年1度くらいネット詩人で交流を深める機会を作ろう」というコンセプトのお祭りです。

【期間】
12月26~31日を予定。数時間間隔で次々と詩がブログにアップされていく形式をとる予定です。


2006年に始まり2007年を除き(私が当時大学受験生だった為)毎年年末に開催し、今回で4回目になります。

 今日、ご自身のブログに詩を掲載されている方は星の数ほどいらっしゃいます。
しかし、実際に自分の詩を読んでもらう機会は少なく、また他の方の詩を読む機会もさほど多くないのではないかと思います。
そこで年に一度交流する場を設け、様々な詩人さんに接することで来年以降の創作活動の糧になれば、という思いからこの年越詩祭をはじめました。

 読む側としても、書く側としても、参加者のみなさまが楽しめる、そして有益な「祭り」となれば幸いです。

【予定】
11月1日~11月30日 参加受付
11月中旬~12月10日 作品受付
12月25日21時頃   前夜祭ラジオ
12月26日~12月31日 作品掲載開始
1月末       作品掲載終了


『年越詩祭』(http://toshikoshi.blog8.fc2.com/)より抜粋


こちらに私も参加します!

興味のある方は是非とものぞいてみてください♪



スポンサーサイト

油断した


油断した。

新しい環境、新しい生活。

もう今までのように人間関係の崩壊は避けたいと願った。

だから手抜きはしなかった。

全文を表示 »

迷宮問答

わからん。
わかんない。

もしも今、ヤツに会ってしまったらどうなるだろうと考えていた。
他人事のように、私は復讐をするのではないだろうかと考えていた。

でも、それが何になるんだろうとも考えた。
リョウは喜んでくれる?
ナツは誉めてくれる?
私は二人に堂々とした態度で会えるだろうか?

言葉にも出来るよ。
たった一言だ。
聞くことも、見ることも、口から発することも嫌だった。


はっきりとした記憶が無いのは、私が忘れているからだろう。
故意に?自然に?
逃げているのか、受け入れようとしたのか、それすらも分からない。
自分のことなのに。


過去を抹消したいと思う。
私の過去ではない。
当事者のリョウと、巻き込んでしまったナツの過去だ。


私たちは今、泣き寝入りをしているのだろうか?
思う存分泣いてもいないのに?
いつだって心は、からっぽだ。

どうすりゃいいなんて、誰に聞けば答えが出る?
そもそも誰かに聞くものなのか?


「暴力に暴力でかえす以外に他に方法ってある?」

ってさ。


結局出た答えは、

「ヤツに会ってみないと分かんない。」








『どうせ、頭は真っ白だ。』





最近

大学に入ってはや数カ月、あっという間。
毎日毎日、忙しい。

パソコンをさわる暇がない。
ブログが書けない。

入学して、初めて出来た友達は今でも仲がいい。
沢山できた友達は学校に行って歩いていると誰かしらに会う。
顔が広いねと皆に言われるが、広くしているわけでもない。
人見知りしないからだろうと言われるが、そうでもないと思う。
自分から話しかけているのは本当だが。

入った部活もサークルもまぁ楽しい。
友達もいろんな奴がいる。
色んな場所があるから、いざこざがあるもの当たり前。

週に何度かナツとメールする。
電話もする。
リョウとも月に何度か電話をする。
会えないのはつらいな。
電話向こうで泣いていても抱きしめてやることは出来ない。
出来るのは夏休みに会おうという約束だけだ。

最近は友達の家で半同居生活。
台所事情に私の方が詳しくなっていく。

遊んでばっかだ。
もうすぐテストに入るから頑張って勉強しないと。

夏休みは実家に帰るぞ。


久々

久々の更新。

どうもこんにちは。
お久しぶりです。

やっとこさネットが繋がりましたよ。
やれやれ一安心です。

これでどこでも行けるぜ!!


ではでは、今日はこの辺で。

うしろ姿を

引っ越しに必要な物を買いに来ていた。
一息つこうとカフェのような所に入って入口で注文して母が会計を済ませるのをぼーっと見ていると後ろから聞き馴染んだ声が聞こえた。
振り向くとツカサが友達と2人で歩いていた。
不意打ちだったのでびっくりして見間違いじゃないだろうかと通り過ぎるのをガン見してしまった。
はっとして急いで追いかけようと店から出る。
2人は既に引き留められる距離にはいなくて、後ろ姿だけ見送った。

本当は手の届く所まで追いかけて話がしたいけど店に入ってしまったから行けない。
何気ない会話でもいいからしたかったな、てかここにあの友達といるならまだ地元に居るんかと思いながら店に引き返す。

次に見るのは成人式かなんて思っていたけど案外早かったな。

年明け

年が明けましたね。
今年もあっという間でした。

PCからの記事は未だに冬です。
ほぼ一年前ですかね。

携帯から更新のは現在進行でお送りしております。
といってもここ数ヶ月月一短文ですが。

ろくに更新していないのに来てくださった方ありがとうございます。

今は何だかんだで忙しいですが春には頻繁に更新したいな、なんて思っております。

今自分のブログがどんな状態なのかわかりませんが、またしばらく放置です。

ではでは。

書きたくてたまらない夜に――

介入の限度

何があろうと自分は自分

物事をきいて考えるのも決めるのも
他人任せじゃ意味がないだろ

結局責任は自分に問われる
理不尽に責められることを許容できる?

手の中に無いものを得たいなら得ればいい
方法はいくらでもあるよ

んで、ダメやったらそれでもいいんちゃう?

無いもんは無い。

開き直りでも何でもいいけどそれを他人に
ごじゃごじゃ言われるのは気に入らんよな
さもそれが当たり前らしいように言うけど他人と自分はちゃうし
要は気にせんかったらいい話なんやけども
価値観が違うことくらいの認識が理解になればいいなと思う
自分が完全に理解出来とるかって言ったら難しいけど

こんだけ価値観云々を色んなとこで沢山の人が口に出しといて、
それが身にしみてわかっとると思われるのに
何で他人には押し付けが出来るんだろう?

やっぱり、同じ価値観共有したいからなんかなぁー

うむ。
そういうことにしとこう

今日も外は寒いしな。

矛盾が普通

世間が決めた普通が普通。
他人と自分は違う人間だ。

と言うことはとうの昔に知っていた筈なのに
剥き出しにされた言葉に打ちのめされる。

それに反論する人の言葉は何の慰めにもならない。
考え方は半分ずつしか合わない。

解っていた筈なのに、知っていた筈なのに。
どうして生身の人の声はこうも強いのか。

何故そんな考え方が出来るのか?
元から在るモノにどんな矛盾が在ろうとそれは正しい。
在るモノは在るのだ。
大多数の意見であり、世間である。
放っておけばよかったのに。
自分に突きつけられたわけじゃない。
目の前で何時間も話される話が聞こえただけ。

それだけよ。

«  | HOME |  »

私語

紅月翠(ユウ)

紅月翠(ユウ)


お久しぶりでございます。
久々の更新です。

これからもちょこちょこと更新しますので、よろしくお願いしたします。

2010.11.8


道楽宣言
↑作ってしまった。

scarletmoon-sui〇mail.goo.ne.jp
メールは〇→@でどうぞ。
只今、上記メールは使っておりません。
後日、新規メールを記載致します。


BGM




価値は生命に従って付いてる

ありあまる富/椎名林檎

月別アーカイブ

リンク

ブログ内検索

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。